歯科技工士科of 富山歯科総合学院


歯科技工士の仕事は、常に患者さんの立場で
歯科技工物を製作すること。
確かな技術と豊かな人間性を養い、歯の健康と美を支える
技工スペシャリストをめざそう。

 カリエス(むし歯)を始めとするさまざまな歯の疾病に対して、歯科医師をサポートしながら高度化する歯科医療の一翼を担い、歯科医療従事者としての責任と誇りを持ち、優れた専門知識や技術を取り入れながら、医療福祉に貢献することができる将来性のある職業です。
 例えば、歯科医師の指示に基づいて歯科技工士が製作した、セラミックや金属で作られた被覆冠そして義歯などの修復物は、失われた歯の形態や機能を回復することで、生体との調和を保ち均整のとれた健康美が取り戻せます。また同様に矯正装置は、歯並びの異常(不正咬合)を正しく治すことにより、正常な顎の成長を導き、咀嚼・発音・美観などの障害を防止して、良好な咬合状態に改善することができるのです。
 今後、ますます高齢化社会と移行していく中で、より健康な歯を保つことは食生活をエンジョイし、ひいては幸福な人生をおくるための大きな力となります。このことからも君たちの活躍がおおいに期待される分野なのです。

いろいろな詰め物や冠(補綴物)をつくります

DSCF1102w.jpgwax up2.jpg

DSCF1104w.jpg

まずワックスで形をつくり、鋳造して完成します

wax20up.jpgwax up2.jpg

CAD/CAMシステムにより、さらに審美性に優れた補綴物の製作が可能となりました

富山歯科総合学院DT2.JPGDSCF1320.JPG

上手になると自分の歯と区別がつかないくらいうまく作れます

a0002_003675_m.jpg

いろいろな種類の部分入れ歯を製作します

261.pngパーシャル.jpgパーシャル2.jpg

無くなった歯を入れ歯で回復します

義歯口腔内1.jpg義歯口腔内2.jpg

入れ歯を装着することにより、無くなった機能をよみがえらします

soutyakumae.jpg入れ歯装着前soutyakugo .jpg入れ歯装着後

入れ歯(金属床)のできる順序です

義歯1.jpgパーシャル3.jpg義歯2.jpg

歯並びを治す矯正装置も製作します

DSCF1317q.jpgDSCF1315q.jpg

歯科技工士国家試験受験資格

 歯科技工士になるためには、歯科技工士国家試験に合格して厚生大臣の免許を取得しなければいけません。
 本学院を卒業すると同時に、歯科技工士国家試験の受験資格を得ることができます。

主な就職先

 個人歯科医院
 歯科技工所
 病院